「迅速な回収」と「確実なリサイクル」で、安心・安全をご提供します!

大曲油脂は、30年以上にわたる廃食用油(使用済み天ぷら油)回収実績があり、事業をはじめて以来、滞り無く回収・リサイクルを行ってまいりました。実績は、秋田県内を中心とする約800事業所からの信頼により成り立っています。

秋田・青森・岩手県内を定期回収するルートを持っており、「お客様のクリーンネスと滞り無いリサイクルのために、お客様の保管場所に、できるだけ廃油を貯め置かない」ことをモットーに回収パターンをご提案しております。

回収後は、飼料原料や燃料等へ100%リサイクルされております。トレーサビリティを確保しておりますので、いつ、どこから、どれだけ回収し、どうリサイクルされたかをお客様にお知らせすることも可能です。

全国どこからのお問い合わせにも対応いたします!

全国各地にある廃食用油回収業者との連携で、日本国内どこからのお問い合わせにも対応させていただきます。もちろん、必要な許認可と回収・リサイクル実績のある、お客様が安心して業務委託ができる業者のみをご紹介させていただきます。廃食用油以外の廃棄物に関するお問い合わせでもOKです。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

食用油であれば、どんなものでもOK!

使用済みの食用油であれば、植物油脂をはじめ、動物油脂・加工油脂も回収・リサイクルいたします。ただし、水が多く混じっていたり、かなり腐敗がすすんでいる場合は、回収できない場合もございます。

植物油脂

大豆油、菜種油、コーン油、サラダ油、ごま油、サフラワー油、綿実油、パーム油・パーム混合油
米油、オリーブオイル、ココナッツオイル など

動物油脂・加工油脂

ラード(豚脂)、ヘット(牛脂)、ショートニング など

回収できない場合(代表例)

  • 水が多く混じっている。
  • 天かすやゴミなど、不純物が多く混じっている。
  • 腐敗(酸化)がかなりすすんでいて、容易にリサイクルできない。

迅速・ていねいな回収で、安心・安全!

秋田県・青森県・岩手県内であれば迅速に対応いたします。

他県からのお問い合わせ・依頼にも、全国各地にある協力・提携業者が対応いたします。

“事業を行ったことで排出された廃食用油”は「産業廃棄物」となりますので、必要な手続き(契約など)を行った上で回収・リサイクルを行います。

回収した廃食用油は責任をもって処分場(リサイクル工場)へ運搬いたします。運搬された廃食用油は、飼料の原料や石けんの原料、バイオディーゼル燃料へと生まれ変わります。

お客様にとって最良の回収・リサイクルを行います!

お客様の施設・環境・排出量等にあわせ、使用容器をご提案いたします。さまざまな容器を取りそろえております。また、お客様からの排出量や車両の出入時間等に応じ、回収頻度(ペース)をご提案いたします。

詳細は、回収方法のページにてご案内しております。

 

町内会・集合住宅・小中学校での拠点回収について

秋田県内の町内会、集合住宅(団地、マンションなど)、秋田県内各小中学校で、ご家庭から排出される廃食用油を集めてみませんか? 定期的に回収された廃食用油を引き取り、回収量に応じて廃食用油リサイクル石けんと交換させていただきます。回収した廃食用油は、バイオディーゼル燃料として、秋田県内にてリサイクル・消費されます。

回収方法やリサイクルに関する講習会など、必要なサポートはすべて大曲油脂におまかせください。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

廃食用油を出す前に・・・

以下のことを守って、廃食用油を回収拠点に持ち込みましょう。皆様がちょっと工夫するだけで、環境をよくする大きな一歩につながります。

  1. 天かすやゴミを網やザル等で取り除いてから、容器に入れて下さい。
  2. 水分や異物が入らないよう、気をつけて保管して下さい。
  3. 凝固剤(固めるテンプル等)は入れないで下さい。
  4. エンジンオイル等の鉱物油は、回収できません。廃食用油と混ざらないよう気をつけて下さい。
  5. 動物油脂(ラード等)は、回収をお断りしている場合がほとんどです。混ざらないように気をつけて下さい。

廃食用油は戦後間もない食糧難の時代より回収が行われておりました。用途も幅広く、「リサイクルの優等生」とも言われております。かつては全国に数百あった廃油回収業者も、プラザ合意(円高)やバブル崩壊を境に事業環境が急速に悪化し専業者が少なくなり、リサイクルシステム崩壊の危機を迎えました。

しかし今では、全国各地で回収業者が結集し、国の理解を得ながらリサイクルシステムを維持することができております。全国の廃食用油回収業者は、廃棄物処理法等の遵守や、自主ガイドラインの制定・遵守、関連業界とのコミュニケーションにより、多くのお客様からの信頼を得ております。

 

飼料用油脂(原料)

ブロイラー主に養豚・養鶏(ブロイラー)用配合飼料の原料として、飼料のカロリーアップ等の目的で使用されます。日本国内で回収される廃食用油の約70~80%が飼料用にリサイクルされております。

大曲油脂が回収した廃食用油は、そのほとんどが飼料用油脂としてリサイクルされております。

工業製品(原料)

handsorp石けんや新聞用インク、タイヤの原料等、様々な工業製品に生まれ変わり、わたしたちの生活を支えています。日本国内で回収される廃食用油の約10~20%が工業製品の原料としてリサイクルされております。

大曲油脂が回収している一部の廃食用油が、工業製品の原料としてリサイクルされております。

石油代替燃料

track大型ボイラーでの廃食用油の直接燃焼や、バイオディーゼル燃料等に加工され、貴重な熱源として利用されています。日本国内で回収される廃食用油の約10%が燃料用にリサイクルされております。

大曲油脂が回収している一部の廃食用油が、バイオディーゼル燃料の原料としてリサイクルされております。

日本国内での廃食用油回収・リサイクル状況

日本国内では、飲食店等から排出される廃食用油のほとんどが回収・リサイクルされていますが、一般家庭から排出される廃食用油は、そのほとんどがゴミとして捨てられています。

一般家庭から排出される廃食用油は「一般廃棄物」となるため、各市区町村が責任をもって処理しなければなりません。これまで各市区町村では廃食用油をリサイクルできる施設がなく、ゴミとして処理せざるを得ませんでしたが、バイオディーゼル燃料等の普及により、少しずつ回収・リサイクルがすすむようになってきています。

廃食用油は、下水に流すと「オイルボール」(油とゴミの固まり)となり、配管の目詰まりや河川・海洋汚染の原因となります。固めて捨てるか、回収・リサイクル拠点がある場合はそちらへ出すように心がけましょう。(秋田県内での一般家庭からの廃食用油回収拠点のご案内

なお、飲食店や流通業(スーパーマーケット、コンビニ等)、食品工場など業務の課程で排出される廃食用油は、事業の規模に関わらず「産業廃棄物」となります。多くの廃油回収業者は、産業廃棄物処理業(収集運搬・処分)の許可を持っており、許可エリア内にて廃油回収・リサイクルを行っています。

 

お客様の作業環境にあわせ、最もよい方法をご提案いたします。「お祭りがあるので廃油が多くなりそう」等の急な場合でも、すばやく対応。迅速・丁寧な回収と確実なリサイクルで、「安心・安全」をご提供いたします。

廃食用油の保管方法

  1. フライヤーや天ぷら鍋などにある廃食用油を、ある程度冷めるまで(40℃程度)待ちます。
  2. 廃油内にある天かす等のゴミを、網やザルなどで取り除きます。
  3. 回収容器にあけます。オリや水分など入れないよう充分気をつけて下さい。また、すべりやすくなっていますので、こぼさないように慎重に容器に移し替えてください。

凝固剤(固めるテンプル等)は入れないで下さい。
水分や異物が入らないよう、ご注意下さい。場合によっては回収・リサイクルをお断りする場合がございます。

回収容器

お客様の作業環境や排出量にあわせ、様々な容器をご提案いたします。

※ 写真をクリックすると、大きな画像が表示されますので、詳細をご確認ください。

一斗缶

容量:約15L

  • 新油の容器を再利用して、廃食用油を保管します。
  • 缶に入った廃食用油を回収します。
  • 空の一斗缶は、ご希望があれば弊社で持ち帰ることも可能です。

【注意点】

  • 天かす等の不純物は、網やザルなどでこして除去してください。
  • 容器内に異物や水分が混入しないよう、安全な場所に保管してください。
  • 動物性油脂(ラード・ヘット等)やショートニングは、一斗缶のみでの回収になります。

ペール缶

容量:約15L

  • フタにロックができるため、うっかり倒してしまっても、大量に油がこぼれず安全です。
  • 一度保管すれば、異物が混入しづらいため、衛生的に保管できます。
  • 重ね置きできるので、場所をとりません。

【注意点】

  • 油が冷めきってからフタをしめてください。熱いうちにフタをすると、温度変化によって、フタが開かなくなります。
  • また、「常温で固まらない油」に限定されますので、ご注意ください。

PP樽

容量:約75L

  • フタにロックができるため、うっかり倒してしまっても、大量に油がこぼれず安全です。
  • 一斗缶4~5本分の容量ですが、縦長なので場所をとりません。フタつきなので衛生的に保管できます。

【注意点】

  • 油が冷め切ってから容器内に投入して下さい。熱いうちに投入すると、容器に穴が空き、油漏れの原因となります。また、温度変化により変形することもあります。
  • 「常温で固まらない油」に限定されますので、ご注意ください。

ドラム缶

容量:約200L

  • 大量に排出されるお客様に便利です。開口も大きく、廃油を入れやすくなっています。
  • フタ付きですので、衛生的に保管できます。
  • ドラム缶ごと回収し、空いたドラム缶を設置します。

【注意点】

  • 設置場所が限定されますので、お客様と確認の上設置させていただきます。
  • 廃食用油以外のものが入らないよう、安全な場所に保管してください。
  • 「常温で固まらない油」に限定されますので、ご注意下さい。

専用タンク

容量:500L~

  • 大量に排出されるお客様に便利です。開口も大きく、廃油を入れやすくなっています。
  • ポンプシステムとの接続とも容易にできるようになっています。
  • 設置場所や回収条件等に応じ、オーダーメイドで容器を製作いたします。

【注意点】

  • 設置場所が限定されますので、お客様と確認の上設置させていただきます。
  • 天かすやオリ等を入れないように注意して下さい。
  • 「常温で固まらない油」に限定されますので、ご注意下さい。

回収パターン

容器の容量や排出量等にあわせ、回収パターンをご提案いたします。

毎週 月~金曜日の中から曜日を決め、排出量に関係なく毎週定期的にお伺いいたします。
隔週 月~金曜日の中から曜日を決め、排出量に関係なく2週間に1回定期的にお伺いいたします。
毎月 曜日を決め、排出量に関係なく毎月1回定期的にお伺いいたします。
コール回収 廃食用油がある程度たまったら、ご連絡ください(電話・FAX・メール)。車両がお近くを通るルートにあわせ、お伺いいたします。

※ 回収曜日・対応可能パターンについては、各市町村により異なります。詳しくは、お問い合わせページよりご希望等ご連絡下さい。