会社紹介

株式会社大曲油脂は、昭和49年に創業して以降、廃食用油や食品残さ(肉脂・魚腸骨)、へい獣の回収・リサイクルを行っております。秋田・青森・岩手の北東北3県、約1,000事業所様よりお預かりした廃棄物=資源を有効に活用し、地域の環境保全と産業振興に貢献しております。これからも、丁寧で素早い回収、安心・安全で円滑なリサイクルを、みなさまにお約束いたします。

会社概要

会社名 株式会社大曲油脂(Omagari Oils and Fats, Inc.)
所在地 〒014-0001
秋田県大仙市花館字大戸下川原3-18(大きな地図で見る
Tel.0187-63-4020/Fax.0187-73-8017
設立 昭和56年(1981年)4月22日
資本金 10,000,000 円
経営理念 健全で透明な企業活動による、安心・安全で明るい社会の創造と地球環境保全への貢献
役員 代表取締役  仙北 直樹(せんぼく なおき)
事業内容 食用油脂製造
産業廃棄物の収集運搬及び積替・保管
沿革 昭和49年 創業者・佐々木重幸が大曲油脂を創業。ラード製造、畜産副産物の回収を開始。
昭和56年 大曲油脂を株式会社化。廃食用油の回収・リサイクル事業を開始。
平成元年 産業廃棄物収集運搬業(秋田県)を取得。
平成15年 第2代代表取締役に、仙北 彰が就任。
平成16年 魚腸骨の回収・リサイクル事業を開始。
平成18年 産業廃棄物収集運搬業(岩手県)を取得。
平成20年 第3代代表取締役に、仙北 直樹が就任。
同   年 産業廃棄物収集運搬業(青森県・青森市・栃木県)を取得。
同   年 新社屋を現在地に建設、稼働
事業年度 5月1日~翌年4月30日
取引銀行
加盟団体

許認可等の開示

「産業廃棄物処理業の優良性の判断に係る情報開示」 (財団法人産業廃棄物処理事業振興財団 提供)も併せてご確認下さい。