食品残さリサイクル

食肉処理や水産加工で発生する「畜産副産物」「魚腸骨」の回収・リサイクルを行っております。回収時点で分別が徹底されていないと、飼料にリサイクルした際に品質にバラつきが発生したり、飼料が汚染される原因となります。大曲油脂はお客様にも分別のご協力を仰ぎながら、適正で効率良い回収システムを構築しております。

畜産副産物の回収・リサイクル

食肉処理場や精肉店で発生する、牛・豚・鶏などの内臓、皮、骨、余分な脂肪といった「畜産副産物」を引取ります。引取後は、青森県内の工場にて飼肥料原料等として有効活用(リサイクル)されています。

魚腸骨のリサイクル

水産加工場等で発生する、魚の骨、内臓、ウロコ、非食用部位といった「魚腸骨=魚アラ」を引取ります。引取後、宮城県内の工場にて飼肥料原料として有効活用(リサイクル)されています。

分別にご協力下さい。

下記のとおり分別し、回収容器に保管ください。分別が徹底されていない場合回収ができません。

畜産副産物 牛脂
  • 牛の脂身
豚脂
  • 豚の脂身
内蔵・骨
  • 牛・豚の内臓、骨
  • その他畜産物(鶏、馬、羊など)の脂身、内臓、骨
産業廃棄物
  • 牛の危険部位(せき柱、SRM等)

※産業廃棄物として処分します。

魚腸骨
(魚アラ)
回収可能
  • 魚のアラ(頭、骨、内臓、身)
    • 大型(マグロなど)、小型(アジなど)は問いません
回収不可能
  • イカ(内臓含む)
  • タコ(内臓含む)
  • 貝類(貝柱、ひも、殻など)
  • ふぐ
  • くらげ
  • 魚の加工品(ぬか漬など)
  • 哺乳類(鯨・イルカなど)

容器・回収方法

種類 写真・サイズ 特徴・注意点
魚腸骨
回収容器
容量:約50L

  • プラスチック製の容器です。
  • 重ね置きすることができますので、場所をとりません。
  • 容器に入った魚腸骨(魚あら)を、回収トラックに移し替えます。
  • 空になった容器は、お客様にて洗い、清潔にご利用いただきます。

【注意点】

  • 分別回収にご協力下さい。異物が入らないよう、充分に気をつけて下さい。
  • プラスチック容器ですので、強い衝撃を与えないで下さい。
畜産副産物
回収容器
容量:約25L~50L

  • プラスチック製の容器です。
  • 重ね置きすることができますので、場所をとりません。
  • 容器ごと回収し、新しい容器を置いていきます。

【注意点】

  • 分別回収にご協力下さい。異物が入らないよう、充分に気をつけて下さい。
  • プラスチック容器ですので、強い衝撃を与えないで下さい。